関東・首都圏 活動ブログ

全国の会員が日々の相談・検査・設計・研究などの活動から皆さまに役立つ事例、家づくりに関する地域の情報、社会情勢ニュースに対する専門家としての意見などを発信していきます。

東京でリフォーム無料相談会を開催します

リフォームに関する契約や工事のトラブルが多発しております。

リフォーム・リニューアルに関する無料相談会を実施します。
契約をしていない、工事の内容が不明瞭また、どうやって進めたらよいか、契約や設計などよくわからないなど、工事が始まる前や工事中などのご質問に一級建築士が相談対応します。
この際に聞いてみたいことがありましたら、ご予約してみてください。

1月26日(土)午後1時~4時 ※予約制です

予約先:NPO法人 家づくり援護会
 TEL:03-3405-1358
 FAX:03-3405-1398
 e-mail:info@iengo.ne.jp

相談会開催地:
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-3-1-602
家づくり援護会事務局


埼玉県さいたま市近郊にお住まいの方へ

当会のパンフレットは「個人向け支援コーナー」の上段に置いてあります。


当会の活動内容を掲載している小冊子が、JR浦和駅前のコムナーレ9階 さいたま市市民活動サポートセンターの資料閲覧コーナーに置いてあります。
ご自由にお持ちください。

8階のさいたま市中央図書館には当会著の「建てる前に読む本」と「地の家のすすめ」が「住まい」の棚で貸出しています。一度ご覧になってみてください。

関東:石川 克茂


ふるさと渋谷フェスティバル2018に参加しました

ふるさと渋谷フェスティバル2018での相談風景

本日終了しましたふるさと渋谷フェスティバル2018の家づくり援護会テントにお越しくださいました皆様ありがとうございました。
家づくりや地震に備えるご相談への当会のアドバイスが皆様のお役にたっていれば幸いです。

関東:石川 克茂


埼玉近郊にお住まいの方へ

当会のパンフレットは「個人向け支援コーナー」の下段に置いてあります。


JR浦和駅前のコムナーレ9階にある「さいたま市市民活動サポートセンター」にて
9月3日~9日の間、出張相談会を実施します。
予約制ですので、ご希望の方はご連絡ください。
相談時間:9時~18時の1時間以内(1時間以上は有料)
(調査などが必要なご相談は有料となり後日のアドバイス報告になります)

また市民活動センターには当会の小冊子が置いてありますのでどうぞお持ち帰りください。

 予約先:NPO法人 家づくり援護会
 TEL:03-3405-1358
 FAX:03-3405-1398
 e-mail:info@iengo.ne.jp

相談会開催地:
〒330-0055
さいたま市浦和区東高砂町11-1 コムナーレ9階
さいたま市市民活動センター

関東:石川 克茂


満足な家づくりのサポート

注文住宅を造ろうと思ったとき、その方法は二種類に分かれます。


一つ目は、どんな家にしたいか書籍を読んだり、友人、知人から情報を得たり、SNSの意見やホームページを参考にする。

近くの住宅展示場に行き、自分たちはどこの住宅会社が合うか考えながらそれぞれの展示場を見て歩く。

または、あらかじめいいと思った住宅会社数社の展示場に赴き実物を見たり、パンフレットを見て、営業から説明も受ける。

候補の住宅会社を数社選び、価格や工法などの仕様その他様々な条件の中からどこに家づくりを依頼するか検討を重ねる。


二つ目は、どんな家にしたいか書籍を読んだり、友人、知人から情報を得たり、SNSの意見やホームページを参考にする。

ここまでは最初の方法と同じですがこの後に違いがあります。

自分たち家族で、家の使い方や将来の家族の変化どんなスタイルの家がいいのか、どんな設備がいいのか、どんな工法がいいのか、どんな材料がいいのか、様々な事を考える、場合によっては自分たちで間取りも作る。

そして、

間取りも含めてどんな家にしたいかをまとめた物を住宅会社に示し、候補の住宅会社を数社を選び、価格や住宅に対する姿勢や管理体制などの条件の中からどこに家づくりを依頼するか検討を重ねる。


概ね、一つ目と二つ目の家づくりは中間が違うだけです。

でも、二つ目の家づくりは私たち素人には不可能じゃないの?

と思われるかもしれませんが、

家づくり援護会では二つ目の家づくりを考えている方向けに各地で「設計教室」を実施しています。

現在行われている「設計教室」では、主に二つ目の家づくりの間取りの作成のお力になるために行われているものです。

家づくり援護会では家づくりをされてきた方から様々な相談を受けてきました。

そんな中で、二つ目の家づくりの方法をされた方は自分の家に対して満足度が高いのは事実です。

そこで、より満足度が高い家づくりをサポートする必要があると考え、現状の「設計教室」修了後のサポートとして、(仮称)「設計教室アフターサポート」を企画しています。

詳細は近々当会のホームページなどに記載いたします。

関東:今井 利一