日々イエンゴ

全国の会員が日々の相談・検査・設計・研究などの活動から皆さまに役立つ事例、家づくりに関する地域の情報、社会情勢ニュースに対する専門家としての意見などを発信していきます。

デザインガラス

間仕切り壁の小窓


同じガラスでもちょっとの違いで雰囲気が変わります。


ダイニングとホールの間の壁に明かり取り窓。
普通の曇りガラスを入れるよりも、デザインされたチェッカーガラスなどもおすすめです。

写真はイエンゴ設計教室を受講された方が当会のサポートを受けて建てたお住まい。

当会ではイエンゴ設計教室であなたの間取り作成のサポートをしています。

関東:石川 克茂


イエンゴ家ゼミ~よい業者を選ぶ⑤

イエンゴ家ゼミ オンライン

よい業者を選ぶ⑤

当会には施工業者への不安を訴える相談が多く寄せられています。業者選びの失敗は家づくりにとって致命傷になりかねません。良い業者を選ぶことは良い家を造る第一条件といっても良いでしょう。

こんな業者を選んだらダメ!(①~⑧)

⑤求めた情報を出してくれない業者

どんな細かな情報でもきちんと正直に出してくれる業者でなければ安心できません。
設計・見積もりはもとより部材や施工技術についてまで、気になる情報の要求にきちんと応えられる業者を選びましょう。

次回は⑥です。

イエンゴでは家づくりを始める方向けのセミナー「イエンゴ家ゼミ」を開催しています。
相談実例を踏まえたNPOならではの内容です。ぜひご参加ください。


イエンゴ家ゼミ~よい業者を選ぶ④

イエンゴ家ゼミ オンライン

よい業者を選ぶ④

当会には施工業者への不安を訴える相談が多く寄せられています。業者選びの失敗は家づくりにとって致命傷になりかねません。良い業者を選ぶことは良い家を造る第一条件といっても良いでしょう。

こんな業者を選んだらダメ!(①~⑧)

④期末だからといって契約を急がせる業者

会社の決算期ということで値引きして契約を急がせる業者も要注意です。建て主さんを大切にする業者は自社の都合を優先することはありません。会社の都合を押し付ける業者は選ばないようにしましょう。

次回は⑤

イエンゴでは家づくりを始める方向けのセミナー「イエンゴ家ゼミ」を開催しています。
相談実例を踏まえたNPOならではの内容です。ぜひご参加ください。


地震に備える集い 埼玉県久喜市で開催

「地震に備える集い」 埼玉県久喜市で開催します。

「地震だっ!」その時あなたは身を守れますか?
大地震が起きたときに一番大事なのは命を守ることです。

今までの「耐震」という地震対策ではなく、「防震」という新しい考え方を伝えます。
大切な家族の命を守ることを最優先に考えた、誰もがすぐ出来るわが家の地震災害予防講座です。
ぜひご参加ください。ご参加は予約制です。




日時:令和2年5月30日(土) 10時~11時

会場:久喜市 鷲宮東コミュニティセンターさくら

所在地:久喜市桜田3-10-2 最寄駅:JR東鷲宮駅

費用:無料

*新型コロナウイルス感染拡大防止のため会場が休館となる場合は中止とさせて頂きます。

久喜市役所1階ロビーにチラシがあります。


予約申込:NPO法人 家づくり援護会 担当:石川
 TEL:03-3405-1358
 e-mail:info@iengo.ne.jp

予約締切:令和2年5月28日(木)、または定員人数になり次第

主催:
NPO法人家づくり援護会

共催:
NPO法人地の家ネット


青森県の住宅会社の社長失踪で現場が進まない

 青森県弘前市の住宅会社の社長が突然失踪し、請け負っていた複数の注文住宅を未完成のまま放置しているというニュースが入ってきました。
 住宅トラブルの中でも一番被害が大きいのがこのケースです。
 新居を夢見て契約し、工事費用の支払いも進んでいるのに肝心の建物が工事途中で止まったままで完成しない。となっては大変です。過去には、大手ハウスメーカーと契約したのに倒産してしまい、今後どうなってしまうのか。と、途方に暮れた方からの相談も寄せられました。倒産する多くのケースでは、契約以上の支払いをお願いされたり、1か月以上現場が止まったりします。気になることがあれば早めにご相談ください。
 
 契約した建物がきちんと完成し、引渡しを受けるという、当り前のことを約束する「完成保証制度」があります。どんなハウスメーカーであっても、地域の工務店であっても、施主の安心を担保するために「完成保証制度」を利用することをお勧めします。
 完成保証の話をすると「余計な費用が掛かりますよ」「その分グレードアップできますよ」「当社は倒産することはありませんから安心してください」などと言われたら、そことは契約しない方が良いと思います。
 イエンゴの推奨業者は全会員で完成保証をつけることを推進していますが、どこであっても「完成保証」をつける請負契約がこれからのスタンダードだと考えています。

理事長:植田 達二